FC2ブログ

ログハウスを建てましたっ!
?素人夫婦のハーフセルフビルド挑戦日記?(仮)

まったくの素人夫婦が自分でできる工事に参加する「ハーフセルフビルド」で、ログハウス建築を計画し、建てちゃいました!

ログハウス建築の進捗状況

2006/10/30
土地の所有者になりました!

土地
2007/4/9
着工しました!

着工
2007/5/4
上棟しました!

上棟のご祈祷
2007/6/15
6月15日現在の外観

6月15日の工事終了

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー


全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オール電化住宅のメリットを聞く -営業さんに負けるな!-

2006/11/30(木) 23:14:51

こんにちは。たっちんです。


今日は仕事の後に関西電力の営業さんから
オール電化住宅の説明を受けました。

たっちん夫妻のログハウスは、オール電化住宅にするかどうか検討中です。
ある程度結論は出ているのですが、
お世話になった不動産屋さんの紹介で説明だけ聞いてみることにしました。

では、今日聞いたオール電化の説明の内容をご紹介します。






●オール電化住宅とは
簡単に言えば、オール電化住宅というのは
電気給湯器とIHクッキングヒーターを使用し、
ガスを使用しない住宅をいうそうです。

●電気温水器とエコキュート
・ヒーター式(電気温水器)




深夜電力を利用して沸かしたお湯をタンクに貯めておく給湯器です。

・ヒートポンプ式(エコキュート)


自然冷媒であるCO2を使ったヒートポンプシステムによって
大気中の熱をコンプレッサーで汲み上げ、熱エネルギーとして利用し、
使用する電気エネルギーに対して約3倍の熱エネルギーを得ることができます。

単純な考え方では、エコキュートは電気温水器に比べ
3分の1の電力で同じ量のお湯を沸かすことができる計算になるそうです。


●気になるコストは?
たっちん夫妻の場合、現在アパートに夫婦ふたり暮らしですが、
過去1年間の電気代は約5万2千円です。
それに加えて冬場でガス代が7千円~8千円程度かかり、
月平均にすると5千円から6千円というところでしょうか?

これが電気温水器(ヒーター式)のオール電化住宅だと
電気代が年間7万9千円くらいになるそうです。
現在のガス代が月平均5千円とすると、
電気・ガスを合わせた金額は11万2千円で
オール電化の方が年間3万3千円ほど安くなるそうです。

また、エコキュート(ヒートポンプ式)にすると
年間の電気代が6万9千円で差額は4万3千円に広がります。

ガスと併用するよりも光熱費が安くなるのは間違いなさそうですが、
機器は高価なので、最初の費用は高くつきます。
長く使えば使うほどオトクになるということになります。

●なぜ光熱費が安くなるのか?
ガスと電気を併用している場合、
電力会社とは一般的に「従量電灯A」という契約をしています。
これは電気の使用量が増えると料金の単価が上がる料金体系です。

たくさんものを買うと割引があると考えるのが普通なのですが、
電気の場合は逆で、使う量が増えると単価がアップします。
省エネを推進するためにそのような仕組みになっているそうです。

オール電化住宅の場合、「はぴeプラン」という
使用量ではなく時間帯で単価が異なる料金体系が適用されます。
ガスを使用しないため電力の使用量は増えますが、
最も安い深夜電力(通常料金の約3分の1)を利用して沸かしたお湯を
タンクに貯めておくので、電力使用量の割に電気代が高くなりません。

ちなみに深夜に沸かしたお湯は、冷めにくいタンクで保温しますので、
電力を使って保温するわけではありません。

たしかによくできたシステムです。
炊飯器や食器洗い器等を深夜電力を利用して動かせば
さらに電気代を節約できそうです。

●IHクッキングヒーターについて
電気温水器は三菱電機のシェアが大きいそうですが、
IHクッキングヒーターはナショナルのシェアが大きいそうです。

こちらは給湯器よりも各メーカーの特徴が出ていて、
実際に触ってみて選ぶのがいいとおっしゃっていました。

ナショナル製IHクッキングヒーターの特徴は



「光るリング」といって調理中であることを光でわかりやすくしています。
最近はシルバーのものやワイドなトッププレートが人気のようです。

ナショナルに次いで三菱電機のIHクッキングヒーターも人気だそうです。



こちらは水なしで魚の両面焼きができるワイドクイックオーブンが特徴です。
脱煙機能でニオイ移りの心配もなく、幅が広いのでピザも焼けます。
また、シルバーのほかにローズやブルーといったカラーも用意されています。
これがローズです。



こちらがブルーでございます。




知名度やイメージでナショナルを選ぶ方が多いそうですが、
実際に店頭で見てみると三菱電機を選ぶ方も多いそうです。

以前も書きましたが、使い勝手もよく掃除や手入れもラクということで、
こちらも隙がありません。

オール電化は電力会社・電器メーカーがよく考えて作りあげたシステムで、
環境への配慮、使い勝手、経済性など、本当によくできています。

●デメリットはないの?
しかし、関西電力の方もおっしゃっていましたが、
人間が作るものに完璧なものはありません。

○電気給湯器・エコキュートのデメリット
本当によくできたシステムだと思います。
強いて言うなら以下のようなデメリットが挙げられます。
・機器が大きい
 タンクにお湯を貯めておくシステムなので、機器は大きいです。
 敷地が狭い方にとってはデメリットですね。

・お湯が足りなくなることも
 タンクのお湯は、足りなくなってしまうこともあります。
 その場合は追加で沸かすことになるようですが、
 深夜電力より高い料金になりますので、メリットが薄れてしまいます。
 しかし、家族の人数に合ったものを選んでおけば、
 お湯が足りなくなることは滅多にないと思われます。

・機器が高価
 先ほども書きましたが、最初に費用が高くつきます。
 しかし、長く使えば使うほど取り戻せます。

○IHクッキングヒーターのデメリット
・電磁波はIHクッキングヒーターからもやはり出ている
 IHクッキングヒーターからは、当然電磁波が出ています。
 というのも、あらゆる電気製品から電磁波は出ていますので
 IHクッキングヒーターだけを悪者扱いはできませんが、
 比較的強い電磁波が出ていることは確かだと思います。
 (さすがに営業さんもこの辺は歯切れがよくありませんでした。
  「基準はクリアしている」というに留まりました。)
 
 問題は、使用する機器との距離です。
 IHクッキングヒーターは調理器具なので、
 密着もしないとは思いますが、離れて使用するわけにもいきません。
 健康への影響は未知数ですが、電磁波の強さや距離という面で考えれば
 ドライヤーの方が危険といえるようです。
 
 電磁波が危険であるとも安全であるとも立証されていないといいますが
 体によくないという点では、ほとんどの方が心配しているといえそうです。
 「基準はクリアしている」とはいいますが、
 危険がないのなら基準そのものが不要ということになると思います。
 基準を設定していること自体、安全性を危惧していることの裏返しです。

・IHクッキングヒーターは鍋を選ぶ?
 以前はアルミなどの鍋は使用できませんでしたが
 最近は使用できるオールメタル対応タイプも登場しています。
 (ただし高価です。)

・IHクッキングヒーターは冬寒い?
 これは無理矢理です(笑)。
 むしろ夏の冷房は効きやすいですし、
 冬でもガスコンロを暖房機器として利用する人はいませんよね。


以上のように無理矢理デメリットも探してみましたが
聞けば聞くほどよくできたシステムで、急速に普及しているのも理解できます。


はっ!

完全に営業さんの思う壺です。


最終的にはキッチンも家計も握る妻に判断してもらいます。

関連記事
オール電化住宅について -ログハウス建築の打ち合わせ-
エコキュートとエコジョーズを比較してみよう!



スポンサーサイト




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加中です。
最近は2ページ目辺り(51位?100位)をウロウロしていましたが、
再び1ページ目に定着しつつあります(?)
今日は何位か確認してみてくださいね!
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加中です。
12月1日未明に1位に返り咲いているのを一瞬確認しました!(感激)
今日は何位か覗いてみてくださいね。
ログハウスの打ち合わせ オール電化かガスか?TB:1CM:2
<< これから家を建てるみなさんへ -住宅ローン減税について-ホーム全記事一覧妻へのリベンジ! -こっちゃんと遊ぼう- >>

コメント

久々にコメントします しか225です。
エコキュートのシステムは基本的に深夜電力温水器の事ですね。
電力会社では、電気を使用しない深夜でも発電をしないと設備の維持が出来ないので
深夜電力を使用する設備の電気料を安くしてくれます。捨てている電気を使うので良いシステムですね。
温水だけを見れば太陽熱温水器も費用対効果は大きくてお勧めです。
ガス会社では、ガス燃料エンジンを利用して発電と廃熱を利用して温水を作るというシステムもあります。
どのシステムもタンクに温水をためておくので、災害時の飲料水確保にも役に立つと思います。
設備費と維持費がつり合い自分のライフスタイルに合うものが良いですね。
しか225 #-|2006/12/01(金) 18:54 [ 編集 ]
アドバイスありがとうございます
しか225 さん

今のシステムは環境にも配慮されていて、
光熱費の節約にもなっていますね。
いろいろ考えていいものを選択したいです。
たっちん #-|2006/12/03(日) 21:44 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
『』
シルバー・ブラックフェイス/ブラックドットガラストップ/新内炎式バーナー採用/RSK-N38W4GD10X2-SV/水無両面焼・温度調節機能付/60cm/[ガスコンロ送料無料]■ おもな特長トルネード燃焼のようす ブラックドットガラス さらに熱効率が高い、トルネード式内炎バーナー採用。
ガスコンロがたくさん|2007/07/24(火) 02:57

トラックバックURLはこちら
http://lodiodrive.blog48.fc2.com/tb.php/98-bd03e3ce


プロフィール

たっちん

Author:たっちん

ログハウス建築を
ハーフセルフビルドで
計画し、建てちゃいました 
たっちんです。

兵庫県在住の気がつけば31歳。
当時、愛する妻とふたり
アパート暮らしで、
友達が遊びに集まってくるような
「みんなのたまり場」になる
ログハウスを
「みんなの手による」
ハーフセルフビルドで

建築したい!と思い、建てちゃいました!

ログハウス建築を検討中の方

ログハウス建築を夢見る方
背中を押してあげられるような
ブログを目指しています(??)

人気blogランキング参加中です。
なんと、11月3日に初めて
1ページ目に載りました!!
本当にありがとうございます。
これからも応援お願いします!
人気ブログランキング


FC2 Blog Ranking
なんと、11月8日に一瞬
1位になってました!!
いつも応援ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
FC2ブログランキング


ブログ内検索&google検索

Google
Web lodiodrive.blog48.fc2.com


お世話になってます:リンク




RSSフィード


AmazonStore
by amanatu

使い捨てコンタクト格安通販ヒトミ2.com

Copyright(C) 2006 ログハウスを建てましたっ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.